富士食糧株式会社




年輪がまたひとつ、確かに増えていきます。



沿 革


明治7年 初代佐藤清次郎茨城県下館市に於いて製粉・精麦業開始
大正10年 二代佐藤清次郎、東京府北豊島郡滝野川町に於いて上新粉の製造を開始
昭和4年 工場拡張のため、東京市王子区豊島町に工場移転、従来の業務にきな粉、辛子粉の
製造を加える
昭和19年4月 戦時工場疎開のため、北区東十条に移転す
昭和20年4月13日 戦災により消失、東京都長官の復興指令書第20号により復旧を開始
昭和20年9月30日 復旧完了し、終戦後の政府の食糧危機突破対策に協力のため、小麦粉製造に転換す
昭和21年7月 業務拡張のため、法人組織とし、資本金10万円にて有限会社佐藤製粉所を設立し、佐
藤与三郎代表取締役に、佐藤清市郎取締役に就任す
昭和24年 食糧事情好転に伴い小麦粉製造を廃業、きな粉、辛子粉の製造に戻る
昭和24年5月 資本金を30万円に増資
昭和27年5月 資本金を90万円に増資
昭和29年10月 富士食糧株式会社 創立 有限会社佐藤製粉所の販売部門拡充のため、分離独立、
資本金250万円にて発足、代表取締役に佐藤清市郎、佐藤与三郎就任
昭和33年5月 資本金を500万円に増資
昭和36年5月 新規事業として埼玉県桶川市上日出谷に敷地1,500坪を購入し、包装工場を建設、逐
次業務を同所に移転
昭和40年5月 資本金を1,000万円に増資
昭和44年5月 本社所在地に本社ビル落成
昭和44年8月 初代社長佐藤清市郎死去、佐藤与三郎社長に就任
昭和44年11月 王子税務署より優良申告法人として表敬を受ける
昭和45年12月 資本金を1,500万円に増資
昭和51年3月 資本金を3,000万円に増資
昭和52年1月 二代目社長佐藤与三郎死去、佐藤克己社長に就任
昭和57年3月 包装工場完成
昭和60年3月 業界初、熱風焙煎機導入
昭和62年3月 桶川工場事務所改築、並びに自動搬出入ラック倉庫完成
平成3年2月 給袋式高速度包装機導入
平成3年10月 きな粉包装工場完成し、焙煎から包装までオンライン化成る
平成4年3月 麦茶高速度包装機導入
平成4年11月 移動式ラック倉庫完成
平成4年12月 麦茶包装工場完成し、焙煎から包装までオンライン化成る
平成8年3月 トパック3号機導入
平成9年3月 西光エンジニアリング焙煎機導入
平成10年1月 ブレンド工場完成
平成11年10月 新品質管理棟完成 タイムリーな工程管理と精度の高い分析に対応
平成13年4月 環境問題解決の為、熱風焙煎機冷却用アフターバーナー導入
平成14年3月 営業部桶川工場に統括し営業本部とする
平成15年2月21日 仙台市に東北営業所開設
平成15年11月21日 府中市に府中出張所開設
平成16年10月1日 製造会社 (株)佐藤製粉所と合併
資本金5,000万円に増資
平成19年10月 電子申告納税開始
平成19年11月21日 社長 佐藤克己退任 会長に就任
佐藤清與治 代表取締役社長に就任
平成20年2月20日 府中出張所を閉鎖、合理化はかる
平成21年8月24日 ISO9001:2008 認証取得 認証番号【25682】 
(平成26年1月22日ISO22000:2005認証取得のため返上)
平成23年11月29日 王子税務署長より優良申告法人として再表敬(8度目)
平成26年1月22日 ISO22000:2005 認証取得 認証番号【F0080】
平成26年4月10日 太陽光発電開始
平成29年1月13日 ISO22000:2005 認証更新 認証番号【F0080】
平成29年6月7日 王子税務署長より優良申告法人として再表敬(9度目)









トップへ
トップへ

戻る
戻る




Copyright (C)2001 Fujisyokuryo CO.,LTD.All rights reserved.